stepismのブログ

ゲームだったりそれ以外だったり。色々やってるプログラマです。

Kindle Paperwhite 2017 マンガモデルを購入。2012年モデルとの比較

      2017/07/16

2012年モデルは持っているのですが・・・Kindle Paperwhiteマンガモデルを購入しました。2013年モデルから処理速度が上がったりして何度か検討していましたが、2012年モデルでもそれなりに満足して使用できていたため、今まで購入するには至りませんでした。しかしこのマンガモデルはこれまでのKindle Paperwhiteと比べて特に大きく変わった点が1つ。

内蔵ストレージが32GBになった。(今までは4GB)

これは嬉しい。テキストが大半を占める技術書を購入することが多い私でも、4GBは足りず困っていた所でした。ちなみに2012年モデルというのは、背面Amazonではなく、Kindleと刻印されているものを指します。

ちなみに、PaperwhiteはAmazonのPrime会員だと4000円OFFで購入できたりします。Prime Dayだったり、父の日だったりすると更にお安く購入できることも。

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

届いた

Amazonなのに大きなダンボールでは無いのが嬉しい。ダンボールの処分って困りますよね。

本体パッケージはこんな感じ。2012年モデルには無かった白を選択。

本の紙って大体白いから、より一層本に近づいたのではないでしょうか。

マンガモデルと、2012モデルとの主な仕様変更

  • 解像度は300ppiになった。
    • よりクッキリと見やすくなりました。
    • 300ppi になったことで1画面に表示できる情報量が増えました。
  • ページめくりなど全体的に処理速度がアップ。
    • ワンテンポくらい違う。
  • ストレージが4GB -> 32GBへ!
    • マンガを大量に入れられる。
  • 横画面表示に対応!
    • あんまり知らされていない気がする。

解像度が300ppiになると

文字がクッキリ見やすくなるという点もありますが、何よりも同時に表示される情報量が増えます。

同じ画面サイズでもこれは有り難い。

 

横画面表示に対応

実はフォントサイズを調整したりする画面で横画面に切りかることが出来ます。

左下の横画面アイコンををタップすると

 

横画面表示に。本の種類によっては重宝しそうです。

まとめ

2012年モデルを使っているなら、マンガモデルという大容量モデルが出てきたタイミングでの買い替えは、高解像度、大容量、処理速度、そして地味にファームウェアのアップデートで改善されたUI。全てにおいて優位になるので買って損はないはずです。


Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 生活