stepismのブログ

ゲームだったりそれ以外だったり。色々やってるプログラマです。

PlayStation VRがやってきた。

      2017/07/23

我が家にやってくるとは思っていませんでした。先日、職場のビンゴゲームで当ててしまいました。


PlayStation VR PlayStation Camera同梱版です。一番良い景品だったらしく、まだ7月なのに今年の運を使い果たした気がする。

 

ほぼ初めてのVR

早速、無料で遊べるTHE PLAYROOM VRを遊んでみました。ちなみに初期のSlimですらないPS4で遊んでいます。「ほぼ初めて」なのは、スマホのVRゴーグルを少しだけ体験したことがあったからです。

 

画質は?

VRといえば一番気になる所かと思います。VRはその特性上ソフトの負荷が高く、フレームレートを優先した方が良いのでPS3くらいの画質になっていました。PS4Proだと性能が高くなりより高画質な状態で遊べるのかも。

ピント合わせはしやすいの?

PSVR本体を少し動かしながら目の位置に合わせる形なのですが、結構ピントは合わせやすいです。乱視の私でもメガネをかけたまま ピントを合わせることが出来ました。

 

THE PLAYROOM VRを遊んでみて

スーパーマリオマリオ64の様なアスレチックステージを遊んでみましたが、360度見渡せるので、自然と体が動いてしまう感じの、新鮮な感覚になりました。特に滑り台の滑るときは、本当はテレビの前で座っているはずなのに気持ち良いこれまで経験したことのない感じでした。フワッとした浮遊感を感じたといえばわかりやすいかもです。何か他の有料タイトルを買ってみようと思えるくらいの感動があります。一度遊んでみると遊ぶ前と比べるとVRの印象が変わります。スマホで使えるVRゴーグルとかとは比べ物にならないです。ゲームなので、

その他VRで遊べるタイトルは?

まだそこまで数が出揃っているわけではなく、現状は、ホラーかエロにつながるものが多いです。しかし、鉄拳7とか格闘ゲームでVRなど変わった遊び方も増えてきているのも事実です。

ちなみに私が一番気になっているのは、カイジVR~絶望の鉄骨渡り~ だったりしていて、まだ発売前なんですが内容としてはかなりしょぼいと思うのですが、それがまた良いのです。画質もPS2くらいのグラフィックで鉄骨渡りを体験するわけです。でもVRだから成立すると思ってます。こんなバカゲー(褒め言葉です)最近ないです。

きっとVRは安全な橋を渡ってきているであろう日本のゲームメーカーに、今一度クリエィティブさを取り戻してくれる新たな起爆剤になると思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - VR